本文へ移動

スウェーデン式サウンディング試験

スウェーデン式サウンディング試験(JIS A 1221)

概 要

 この試験は、静的貫入試験の一種で、土の貫入抵抗を測定して、その硬軟または締まり具合、あるいは土層(砂層・粘土層・礫層など)の構成を判断するために行います。
 測定方法は、JISで規定されており、手動式と自動のものがあります。手動のものは人間が直接貫入状況を感触で把握できる利点があり、自動のものはスピーディーで測定の個人差が少なくなります。

住宅の地盤調査

 2~3階建程度の住宅の地盤調査にはスウェーデン式サウンディング試験が広く使われております。建物が計画される位置で3~4箇所(地盤判断が判るまで)程度、軟らかいところでは、1箇所約8m程度まで貫入します。
 調査担当者はすべて、住宅地盤品質協会認定「 住宅地盤調査技士または同主任技士 」の資格者が業務にあたります。

調査の様子と調査データ例

JISスウェーデン式サウンディング試験
スウェーデン式サウンディング試験(機械)
調査データ例
調査データ例
セルテックエンジニアリング株式会社
022-307-3103
〒982-0033
宮城県仙台市太白区富田字八幡東42番地の2  
 
TEL.022-307-3103
FAX.022-307-3104
お問い合わせはこちら
1(星)地質調査、土質検査
2(星)構造物の調査、診断
3(星)土木建築工事の設計
 施工および工事監理
4(星)土木資材の新製品の研究
 開発
 
 
TOPへ戻る