本文へ移動

標準貫入試験(ボーリング)

標準貫入試験 (ボーリング)

 標準貫入試験(ひょうじゅんかんにゅうしけん)(standard penetration test)は、JIS A 1219に規定される地盤の工学的性質(N値)及び試料を求めるために行われる試験です。
 質量63.5kg±0.5kgのドライブハンマー(通称:モンケン)を76cm±1cmの高さから自由落下させてボーリングロッド頭部に取り付けたノッキングブロックを打撃し、ボーリングロッドの先端に取り付けられた標準貫入試験用サンプラーを規定貫入量である30cm打ち込むのに要する打撃回数(=N値)を求めるます。
 標準貫入試験用サンプラーは、中空になっているため、試験を実施した区間(深さ)の土質試料を直接採取することができ、また、試料採取をしやすいよう、管を縦に2つに分割することができる構造になっています。これにより、その試験区間の土質や地質の状態を直接目視し、地質状況や礫当たり等の特異値を把握して、貫入試験数値との整合性等を確認することができます。
 標準貫入試験により採取した土質試料は、土質試験(物理試験のみ、力学試験や単位体積重量の測定を除く)に用いられます。
 本試験は、あらかじめ所定の深度まで掘進したボーリング孔を利用して行われます。
標準貫入試験装置および器具の名称
標準貫入試験(ボーリング)
標準貫入試験
セルテックエンジニアリング株式会社
022-307-3103
〒982-0033
宮城県仙台市太白区富田字八幡東42番地の2  
 
TEL.022-307-3103
FAX.022-307-3104
お問い合わせはこちら
1(星)地質調査、土質検査
2(星)構造物の調査、診断
3(星)土木建築工事の設計
 施工および工事監理
4(星)土木資材の新製品の研究
 開発
 
 
TOPへ戻る